口臭予防総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事メタボリック

2009年06月30日

[キング・オブ・ポップス]マイケル・ジャクソン



マイケル ジャクソン [ポスター]
音楽界の巨星
マイケル・ジャクソン[Michael Jackson]さん(50)の足跡

1958年8月29日
アメリカインディアナ州ゲイリーで10人兄弟姉妹の6男として生まれる。
1962年8月
に兄たちと結成したジャクソン・ファイブ[Jackson Five]で歌手デビュー。
1969年3月
ジャクソン・ファイブがモータウン・レコード[Motown Records]傘下のタムラ[Tamla]と契約。ジャクソンさんの声が話題となり、ジャクソン・ファイブは一躍人気グループに。「ABC」「I'll Be There」などのシングル曲が次々と大ヒットした。
1970年
ジャクソン・ファイブと平行して、ソロ活動を開始。
1979年8月
初のソロアルバム『オフ・ザ・ウォールOff the Wall)』を発売。クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)がプロデュースし、1100万枚の売り上げを記録した。
1982年12月:アルバム『スリラーThriller (25th Anniversary Edition CD/DVD))』を発売。「Billie Jean」「Beat It」など7つのヒット曲を含むアルバムは全世界で約1億500万枚を売り上げた。これは、ギネス記録であり音楽界で世界最高記録になっている。
1984年
ペプシ(Pepsi)のコマーシャルフィルムの撮影中、事故で大やけどを負う。
1985年
ジョン・レノン(John Lennon)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の曲の版権を管理する音楽出版社ATVを約4750万ドル(約45億円)で購入。
1985年
アフリカ飢饉救済を目的にしたチャリティー曲「We Are The World: U.S.A For Africa」を制作。
1987年
アルバム『バッド(Bad)』を発売。2600万枚の大ヒットを記録。このアルバムを最後にクインシー・ジョーンズとのタッグを解消。
1988年
自伝『ムーンウォーク(Moonwalk)』を出版。
1990年代〜2000年代≫続きを読む
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 15:28| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

マイケル・ジャクソンさん急死

マイケルジャクソン
人種の壁を破った「スーパースター」
ギネス記録:世界で最も売れたアルバム「スリラー

 
神童からスーパースターに駆け上がり、世界中に熱狂と興奮を与え巻き込んだマイケル・ジャクソンさん。
そして、その影で奇行に走り、刑事被告人として法廷に立つ。そして、世界に衝撃を与えた突然の死。
[キング・オブ・ポップス]と賞賛され、音楽界だけにとどまらず全アメリカ社会に絶大なる影響を与えたマイケル・ジャクソンさんは、あまりにも複雑で矛盾に満ちた印象のまま、唐突に人生の幕を下ろした。

スリラー  スリラー 25周年記念リミテッド・デラックス・エディション(DVD付)  バッド

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]

1980年代に音楽を「見せる」テレビチャンネルとして一世を風靡した見ミュージックテレビ(MTV)が、81年に設立後しばらくは、黒人アーティストを締め出したことは、あまり知られていない。
その人種の壁いわゆる「肌の色の壁」を破ったのがM・ジャクソンさんだった。
アメリカ紙ニューズデーによると、交渉の末、オンエアされたのが、その躍動的なダンスが注目を浴びた名盤「スリラー」の中の一曲「ビリー・ジーン」。プロモーションビデオはたちまち大成功を収め、MTV自身も「マイケルTV」と呼ばれるほど、マイケル・ジャクソンさんの恩恵を受けた。
ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]  のちに、マイケル・ジャクソンさんはこう振り返る。
「(MTVが黒人の曲をかけないと聞いて)胸がつぶれそうになるほど悔しかったけれど、同時に自分のなにかに火がついた。無視されたままで終わらないと決心したんだ。」
ムーンウォーカー [DVD] エルビス・プレスリーは当初、「黒人音楽を歌う白人」として1950年代にデビューした。当時はそれだけでも十分にセンセーショナルな出来事だったが、その後も黒人が「黒人音楽」という枠を超えて平等に扱われるには、マイケル・ジャクソンさんが人種の壁を打ち破るまで長い時間を要したことになる。
Number Ones [DVD] [Import] 友人でもあった黒人指導者、アル・シャープトン師はニューヨークで会見し、「ゴルフでのタイガー・ウッズ、政治でのバラク・オバマよりずっと前に、音楽の世界で人種の壁を打ち破ることに成功した先駆者だった。」と讃えた。
ただし、80年代に名声が絶頂に達した後、マイケル・ジャクソンさんは負の部分が目立ち始めた。93年には、少年へのいたずらの疑いがかかり、巨額の和解金を支払った。03年には再び同様の嫌疑がかかり、最終的には無罪評決を勝ち取ったものの、逮捕、起訴、公判の流れの中で精神的、経済的に大きなダメージを受けた。
NUMBER ONES [DVD] マイケル・ジャクソンさんは、最近になってロサンゼルス郊外の高級住宅地、ベルエアに7つの寝室を持つ、毎月の家賃が10万ドル(1000万円)とされる豪邸を借り、再起を目指していたが、叶わなかった。
昨年8月、50歳の誕生日を迎えたマイケル・ジャクソンさんについてアメリカ紙のUSA TODAYは「プレスリーと同じように人生がめちゃめちゃになってしまったがゆえに、われわれの心に残る」と書いている。「キング・オブ・ロックンロール」と称されたエルビス・プレスリーは、77年に42歳で急逝している。マイケル・ジャクソンさんはエルビスよりも長く生きたが、名声に押しつぶされる人形のようなカタチで人生を終えたことは、共通することになってしまった。

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]   History on Film 2 [DVD] [Import]   DANGEROUS~ザ・ショート・フィルム・コレクション [DVD]


「光と影」数奇な人生≫続きを読む
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 09:26| Comment(0) | マイケル・ジャクソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

自己暗示で自身をつけてみよう

PCを電話でも活用し通信費を節約!

元気が出るいい話100選
仕事を成功させるには自身を持つことが必要である

 仕事を成功させる大きな要因は「自信」である、とよく言われますよね。プロレタリア文学の先駆者、ゴーリキーも「天才とは自分と自分の能力を信じる人間である」と言っています。
たしかに、勝負ごとでも、相手を飲んで掛かるくらい自信を持つことが大切なときがあります。
囲碁の名人、趙治勲(ちょうちくん)さんは、自著のなかで、棋士に限らず、勝負の世界で生きる人の多くは、お互いにうぬぼれではなく一種の自己暗示だとして、
「そんなふうに自己暗示をかけなければ、強敵に当たったらビビってしまって、最初から勝負何にもありません」と書いてあります。

自信は自己暗示によってつけることが出来る
 
 実業界にも、自己暗示によって自信をつけた人がいます。ファーストフードチェーン「ウェンディーズ」の創業者、デービット・トーマスがその人です。
 トーマスは、若い頃、レストランで下働きをしていた頃、その店で、カウンターマンとして朝8時から夜8時まで一日10時間働き続けたわけですが、そのとき、彼は自分に対してあるノルマを課したのです。


 さて、ここで問題です。トーマスが自分に課したノルマとは何だったのでしょうか?

誰でも自分なりの自己暗示で自信をつけると良い

テレビのクイズ番組のようですが、正解は、皿4枚とコーヒーカップを同時に運べるようになることでした。とにかくトーマスは一生懸命努力しました。
そのときからは自分にこう言い聞かせました。
「これが出来れば、ほかのことは何でも出来る」と自分に自己暗示をかけたのです。
実際にトーマスはその後、責任者に昇格し、レストランでやってくるいろいろな客に接することで、成功のコツを掴み、のちに「ウェンディーズ」を設立し成功の道を歩むのです。
 トーマスは、皿4枚とコーヒーカップを同時に運べるようになったとき、それ以上に自信を持つようになったのです。
 私たちも、何か自分なりの自己暗示をひとつかけるようにして、自信を持つようしてみようではありませんか。



 
最新DVD情報;戦場のレクイエム≫はこちら
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 17:43| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

ツキは前向きなひとについて回る

JCBを使えば必ずDisneyにご招待

わーい(嬉しい顔) 元気が出るいい話100選
ツキは前向きな人について回る

世の中にはツキがある人とない人がいる

24本骨傘 高強度グラスファイバー仕様 【雨宿】 (あまやどり) 直径約105cm ブラック 22815ついてないときは本当についていないもので、先日、雨降りの朝、家を出たら車に水をかけられました。慌てて家に戻り
服を着替え、今度は用心深く駅まで歩いたのですが、駅に着いたら今度は、定期券がないことに気がつきました。
取り違えた服の中に忘れたのです。結局、現金で切符を買いましたが思わぬ出費でした。、まったく、
腹が立つやらなにやらで本当ツキがない、とがっくりした気分で電車に乗りました。
しかし、世の中には、私とは反対にツキまくっている人がいます。
いったいこの違いはどこから来るのでしょうか。

ツキは好調な人につき、不調な人にはよりつかない

占いの世界では、すべて人の運不運は既に決まっていると言います。出来ればいつも幸運でありたいと思うのは私だけ
ではないと思います。
では、どうしたら運が自分に向いてくるのかというのが問題ですが、「運も実力のうち」という言葉をよく言われます。
たしかに、よく観察してみると、ツキまくっている人はさらにツキを呼び、成功した多くの人は運にも恵まれているのです。
「最も腕利きの船乗りは、風も波も味方する」
これは、ドイツの歴史家ギボンの言葉ですが、本質をついています。
能力があるからツキも運も味方するのか、ツキや運があるから成功するのか・・。ニワトリと卵の関係のようですが、ツキや
運は好調な人につきまとうのは事実のようです。逆に言えば、不調な人、愚痴をこぼす人にはツキも運も寄りつかないのかも
しれません。

前向きに仕事に望む人にこそツキはついて回る

アサヒビールの樋口廣太郎会長は社長時代にあのメガヒットとなった「アサヒスーパードライ」を世に送り出し、アサヒビールを
復興させ成功させましたが、「朝、会社を出てきたら、『よし、頑張ろう』という気持ちになれば、思考も行動も上向きになるものだ」と言っています。
まさに、こういう人にはツキが回ってくるものなのでしょうか。
わたしもあなたも今日から、出来るだけ前向きに仕事をして、ツキを呼び寄せたいものですね。
たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)


日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語

  • 作者: 蛇蔵&海野凪子
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 15:14| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

どんな小さなことでも全力でのぞめ

どんな小さなことも全力で臨め
元気が出るいい話100選

ビジネスでは油断や相手を甘く見ることが命取りになる

スポーツの世界ではよくあることですが、優勝候補と呼ばれる人が、まったく無名の選手に敗れることはよくあります。
その原因としていつも考えるのが油断があったのではないかということです。おそらく最初から本気で戦えば絶対に勝てる相手なのに、この相手なら「7、80%の力で勝てるだろう」と思ったのではないでしょうか。
こんな話をするのは、同じような油断がビジネスの世界でもよく生じるからです。
取引先を見て、事前の調査を行わず手を抜いてしまったとか、スケジュールをよく確認もせずに予定が狂ってしまったとか、ちょっとした気の緩みから、通常では考えられない失敗をしでかしてしまうのです。

動物はどんな小さい相手でも全力でいどむ

皆さんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
「ライオンはウサギを仕留めるのにも全力を尽くす」あの百獣の王ライオンですら、たかが一匹のウサギを仕留めるのにも<全力でのぞむというのです。厳しい自然の世界では、食料にまったくありつけないということがあり、この一匹のウサギでも命をつなぐ大事な食料なのです。そういった、本能がどんなときでも全力を尽くすことを命じているのだと思います。

トップをいく企業はどんな小さなことでも手を抜かない

その点、私たちは、ライオンと比べた危機感が薄いのだと思います。
自分の仕事を確実にこなさなければ会社がどうなっていくのか、と言うことを常に考えて仕事の臨めば油断からくる失敗はないのです。
トップをいく企業を見ていると、そういう企業はどんな小さなことでも全力で完璧に対応しています。
ですから、どんな仕事でも手を抜くことなく全力で臨もうではありませんか。

今日の一押し


手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術

  • 作者: 大坪 勇二
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: 単行本



家電品の安さ、品揃えに自信あり!
激安!家電のタンタンショップ
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 11:27| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

一度や二度の失敗で落ち込まない

♪ドン・キホーテでのサインレス会計♪

一度や二度の失敗で落ち込むな
元気が出るいい話100選

ビジネスには成功もあれば失敗もある

ビジネスは、成功すればこれほどたのしいことはありません。しかし、そういつも成功するとばかりは限りません。成功物語もあれば失敗物語もあります。
ただ、心理学によれば、人間というのは自我の塊のようなもので、常に自分を守ろうとする心理から、失敗を恥と思い込み、出来るだけ隠そうとするので、なかなか成功物語ほどは失敗物語は表にでてきません。
私自身も、あまり表に出したくない失敗談はたくさんあります。皆さんも一度や二度は、顔が赤くなったり青くなったりした失敗談を持っているのではないでしょうか。

一度や二度の失敗で弱音を吐くのは高慢な人間だ

失敗は、誰でも経験することなのですが、場合によっては相当落ち込む人がいます。「おれはもうだめだ」とか「次もまた失敗しそうだ」とか。
しかし、ちょっとだけ待って欲しいのです。そういう人たちは、一見、失敗の責任を感じて悩んでいるように見えますが、見方によってはずいぶん高慢な印象を受けてしまいます。
言い方がきついかもしれませんが、一度や二度の失敗で「もうだめだ」
と言えるような立派な人物なのでしょうか。

成功者や偉人の中には失敗を繰り返す人がいる

ロシアの作家プーシキンは「失敗に達人はいない。人は失敗の前に凡人である」と言いましたが、世の中には失敗の達人はいるもので、何度も何度も失敗を繰り返す人がいます。
しかし、そういう人の中に偉人と言われる人、成功者と言われる人がたくさんいるのです。

リンカーンの世紀―アメリカ大統領たちの文学思想史

リンカーンの世紀―アメリカ大統領たちの文学思想史

  • 作者: 巽 孝之
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本


リンカーン大統領は何度も選挙で落選し、キューリー夫人も何度も実験で失敗していますが、それを繰り返したあげくようやく栄冠を勝ち取りました。
それなのに、私を含めて、まだまだ努力が足りないのに、一度や二度の失敗で簡単に弱音を吐いてもよいものでしょうか。
たくさん失敗して、もっともっと悩んだあとで大きな成功をおさめようではありませんか。
最後に、古代ギリシャの詩人エウリピデスの言葉を紹介します。

「古い悲しみに、新しい涙を無駄にそそぐな」

生声CD付き [対訳] オバマ大統領就任演説

生声CD付き [対訳] オバマ大統領就任演説

  • 作者: CNN English Express編
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 2009/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 12:25| Comment(0) | 自信のわいてくるいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

この世に新しいものなどない

三井住友VISAカードなら最短即日発行!


この世に新しいものはない
元気が出るいい話100選

新商品開発は企業にとって重要なテーマである

どこの企業でも新しい商品の開発やサービスの提供を考えることは重要なテーマです。
しかし、常に思うのは、新商品とはいったいどういうものを言うのでしょうか。もちろん、これまでの市場になかったものを言うのでしょうが、外観や素材やネーミングの新しさを取り払い、機能性のみを見比べると、果たして本当の新商品というものがどれだけあるのでしょうか。
聖書の言葉に、「日の下に新しきものなし」というものがありますが、一面の真理をついていると思います。

まったく新しいものはビジネスにとって必要ない

ビジネスにおいては、まったく新しいものが重要なのではなく、ニーズにかなったもの、つまり、売れるものを開発することが大切なわけです。そのところが学界での研究と異なるところです。
したがって、ビジネスにおける新商品とは、昔からあるものでよいわけで、要するに、それをいかに新鮮に斬新にみせるか、すなわち付加価値をつけることが重要なのです。

古くからあるものをいかに新しくするかが重要

アメリカの思想家ソローは、「物は変わらぬ、われわれが変えるのだ」といっています。
では、どうやって変えるのか、そこが問題です。
そのやり方はシンプルに「加えてみる」「小さくしてみる、大きくしてみる」「ひっくり返してみる」などといった視点の変化も重要に思います。
新しい商品の開発に関して、「温故知新」は重要なキーワードとなることは間違いありません。過去の歴史で使われていたもの、喜ばれていたもの、そして、消えていってしまったのも、そんなものに焦点を当ててみてがいかがでしょうか。
ドイツのことわざに、「永く忘れていたものほど新しいものはない」といっています。

一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】

一瞬で相手をオトす洗脳術 禁断の「一目ぼれ」テクニック【特殊音源CD付】

  • 作者: 苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2009/06/15
  • メディア: 単行本





posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 10:10| Comment(0) | マンネリから脱却するいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

わがままなニーズに応えてこそ商売だ



わがままなニーズに応えてこそ商売だ
元気が出るいい話100選

企業はニーズを見極めることに腐心している

どこの店でも、どこの企業でも、顧客のニーズを見極めることにかなりの力を注いでいます。
私たちも同じことで、このニーズがどこになるのか必死に模索しています。
本来ニーズというものは「青い鳥」のようなもので、私たちの身辺にあるものだとおもいますが、追求していくうちに、知らず知らずのうちに遠くへ行ってしまっていることがあります。
ギリシャの哲学者ターレスが星を見ながら歩いているうちに溝に落ちた話のように、自分の足元がわからずに、どうして遠くがわかるのか、と言う指摘はとても重要に思います。
さて、そのニーズが見えてきたとしても、まだまだわからない問題が山積しています。
見えてきたニーズがとても無理難題のように思えるからです。
大きくて小さいものが欲しいとか、丸くて三角なものが欲しいとか、まるでスフィンクスの謎のように、この世にありえないものを欲しがるのです。しかし、これに応えなくては商売はなかなか立ち行きません。
「無いものねだりは世の常だ。欲しがるのを与えてこそ商売人」
と言ったのは、博多商人の伊藤小左衛門ですが、その通りだと思います。

ニーズは本来、私たちの身近に存在する

現代でも、そのわがままなニーズに応え、見事にヒット商品を生んだ例はたくさんあります。
「コクがあって、切れがある」ビールもそうですし、「インスタントなのに本格派」のラーメンもそうです。
出てきたものをみると「なーんだ、こんなものか」というふうに見えるのですが、コロンブスの卵と一緒で、最初にニーズに応えた人が優秀なのです。
わたしたちも、もう一度原点に戻って、まず自分の身近なところからニーズを探し出し、そこから見えてきた難しい要求に対して逃げることなく知恵を絞って行こうと思います。

たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)

たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)

  • 作者: 松井 康雄
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本



アンケート調査06クリック!エコ社会に関するアンケートでJTB旅行券10万円分!
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 08:52| Comment(0) | マンネリから脱却するいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

自分の力に自信を持つ

 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

自分の力に自信を持つ
元気が出るいい話100選

ビジネス社会では自信を持たないものは敗れ去る

日本人は従来「謙譲の美)を大切にし、「出しゃばり」「うぬぼれ」を恥ずかしいこととして慎むとされています。
そこで、ややもすると、自信を持って堂々と自己主張することが、疎んじられる傾向がありますね。
ですが、うぬぼれと自信を持つことを取り違えてしまいがちですが、それはまったく異なります。
ビジネスという戦いの場では自信を持たない戦士は敗れ去ります。したがってビジネスには自信は不可欠ですし、それを表面に出すことはとても大切なことです。
アメリカでは研究の結果、自信の強さは創造性のひとつの要素であると
言われています。
あの有名な鉄鋼王カーネギーも

「自分が有用な人間だという自信くらい大切なものは無い」

といっています。
ビジネス社会で生き抜いていくためには、それくらいの自信が無ければやってはいけないということです。
ところで、その自信を裏付けるのは何かと言いますと、自分の能力に対する信頼だと思います。でも、自分の能力がどのくらいあるかということは、なかなか自分では分かりません。

自信を持つためには自分の能力を信頼すべきだ

有名な「ジョハリの四つの窓」によれば、自分も他人も知らない自分というものがあり、そこにどんな能力が眠っているか分かりません。
そういう潜在能力を含めて、自分の才能、能力を信頼するしないで、仕事に立ち向かう姿勢も大きく違ってくるわけです。
もちろん、ただの自信過剰では困りますが、やるべきことをやった人間は、それなりの能力が備わり身についているはずです。
自分の能力を謙遜することは、確かに好感を呼ぶこともあるかもしれませんが、心底「自分は無能だ」と思うなら、その人はビジネスマン失格です。
ビジネスマンは皆、自分の能力を信頼するべきだと思います。

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版

  • 作者: デール カーネギー
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 1999/10
  • メディア: 単行本



 
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 21:42| Comment(0) | 自信のわいてくるいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

現代流「修行」のすすめ


ワンランク上の楽天カード
 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

現代流の「修行」のすすめ
元気が出るいい話100選

修行という言葉は日常生活ではほとんど聞かなくなった

世の中には、いわゆる「死語」になった言葉がありますが、「修行」という言葉も今わほとんど使われなくなりました。
まだ、相撲などの伝統スポーツや仏教界では使われてはいますが、私たちの日常ではほとんど使いません。
言葉をイメージすると、山奥にこもり滝つぼで滝に打たれるようなそんなイメージが使われなくなった一因かもしれません。
しかし、わたしは、この言葉がとても好きです。誰かに強制されるのではなく、自分自身の基準で自分を鍛える、この修行という言葉はとても心に響きます。
明治維新の志士の一人、高杉晋作の父親は、晋作に対して「一生懸命修行するなら、誰でも修行しただけは自分のものとなり、自然に天性の知恵が開ける」といって教訓を残しています。
まさに、修行は具体的にいつ何のためにするというのではなく、いつか知らぬ間に自分の力に力をつけるために行い行為です。
目先に問題を解決するために努力することも必要ですが、もっと自分を成長させるために行うのが修行だと思います。

高杉晋作を歩く―面白きこともなき世に面白く (歩く旅シリーズ歴史・文学)
修行は自分を広く大きくするために行なうものである

修行という言葉は使ってませんが、花王の丸太芳郎前会長は似たような言葉を言っています。人間は「仕事を一生懸命やっていると、動物的カンが働いてくる」そうです。
「ある段階までどうしようもない人でも、あるときパッとものすごい力を発揮する」ところがあるそうです。

現代の修行は簡単なことから始めると良い

ところで、その修行の内容ですが、それはなにも滝に打たれるような自分の体をいじめる必要なないと思います。毎朝おきて英単語を一つ覚えるか、駅や会社では、エレベーターを使わず階段を昇るとか、まず簡単そうなことから始めればいいと思います。ただ、一度始める以上、とことんやりぬく、それが肝心で、底が修行たるゆえんです。
皆さんも何か一つ修行をするものを持ってはいかがでしょうか。

今日の一押し

任天堂 “驚き”を生む方程式

任天堂 “驚き”を生む方程式

  • 作者: 井上 理
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2009/05/12
  • メディア: 単行本



posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 10:58| Comment(0) | 自分を磨くいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

最善の努力がスランプ脱出につながる

期間限定!もれなく4,000ポイントプレゼント
楽天カード  Powered by JANet
momobgyoko.JPG


最善の努力がスランプ脱出につながる
元気が出るいい話100選

スランプは時として誰にでも訪れる

私事で恐縮ですが、私は先日ようやくスランプから脱出しました。
実に3ヶ月間ぐらい続いたでしょうか。その間何をやってもうまくいかず、自信を喪失するし、成績も上がらないし、泣きたくなるような気分でした。
今だから言えることですが、このままスランプから抜け出せないのでは、と思うような状態でした。
しかし、世間を見渡してみると、スランプは誰にでも訪れるようで、プロ野球の名選手もスランプで悩んでいる人は少なくありません。も選手時代に、昨年現役を引退したオリックスの清原選手でも、スランプを経験しています。
そして、そこから脱出して、更なる成長をし、名選手の名を不動のものにしています。

男道

男道

  • 作者: 清原 和博
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本


最善の努力をすれば、知らぬ間に状況は好転している

将棋界に目を移すと、古くは大山康晴名人も、何度かスランプを経験しています。
「助からないと思っても助かっている」
この言葉は、大山名人の目からウロコを落とすのに十分だったらしく、スランプを脱出しただけでなく、その後のいろいろなピンチに出会うたびに大山名人の胸の中に浮かんでくるようになったそうです。
ある将棋の対局でも、苦しい場面になったときもこの言葉を思い出して、逆転勝ちを収めたといいます。
ところで、この言葉ですが、ちょっと聞くと、ずいぶん楽天的な言葉に聞こえませんか。
いわゆる、「何とかなるさ」とか「ケセラセラ(なるようになるさ)」と類(たぐい)に聞こえなくもないです。
しかし、その意味合いが違います。この言葉が言っているのは、苦しみながら最善の努力をしたならば、そのときはもうすでにピンチを脱出している、というのではないでしょうか。
ただ、それに気がつかないために、いつまでももがき苦しむことが多いのです。

やるべきことをやったら、あとは自己暗示が必要だ

大山名人が、スランプを脱出できたのも、この言葉を思いだし、いろいろな努力をしてきたからにほかなりません。
そして、いろいろな努力をしたあとで、この言葉のような自己暗示を自分の心にかけたような気がします。
やるべきことをやれば必ず事態は好転する。
これが、私がスランプを脱出できた一番の思いがします。


今日の一押し

のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで

のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで

  • 作者: 辻井 いつ子
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: ハードカバー


全盲ピアニスト辻井伸行さん、米のコンクールで優勝

posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 12:12| Comment(0) | ピンチを乗り切るいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

優れた人にも苦手なものがある

JCBを使えば必ずDisneyにご招待  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

どんなに優れた人でも苦手なものがある
元気が出るいい話100選

誰でも自分の能力の無さに嫌になることがある

サラリーマン生活を続けていると、ある日、ふと、自分の能力の無さにたまらなく嫌になるときがあります。
仕事でミスをしたとか、上司から叱られたというわけでもないのですが、今進めている仕事がなかなか前に進まないときや、仕事をてきぱきとしている人を見るとそんな気持ちになります。
しかし、だからといって、そういつまでも自信を失ってばかりもいられないので、何とか自分を奮い立たせながら頑張っているのが現状です。
では、どうやって奮い立たせているかと言えば、これは人によって様々でしょうが、私はこんな言葉を思い出すようにしています。
それは、ローマの詩人ウェルギリウスの言った言葉です。
「われわれはすべて、すべてのことをすることはできない」
この言葉が言うように、スーパーマンのように見える人でも、何でも出来るわけではありません。たしかに何でもこなす人はいますが、それでも限界はあります。
事実、歴史上に偉人の中にも苦手なものをもっていた人はたくさんいます。

どんな優れた人でも何でも出来るわけではない

有名な話では銀行王と呼ばれた安田善次郎は囲碁が好きで一日二、三十局やりましたが、全然上達しなかったそうです。
「あれだけ目先の利く人なのになぜ、わかりきった手に暗いのだろう」と人から不思議がられました。
発明王エジソンは、自分が作った企業経営のすべてに失敗しています。
プロ野球選手でも、よく
「名選手必ずしも名監督にあらず」と言われます。

苦手を嘆くより得意なことで自身を持つべきだ

誰でも苦手なものはあるものです。しかし、その苦手なことで自信喪失になる人と、得意なことで自信を持つ人では、そこに大きな差が生まれると思います。
他人の優れた面を見ただけで自分の力の無さを嘆くのでなく、自分の得意な面を思い起こし、自分を取り戻すことが大切だと思うのです。


金儲けが日本一上手かった男―安田善次郎の生き方

金儲けが日本一上手かった男―安田善次郎の生き方

  • 作者: 砂川 幸雄
  • 出版社/メーカー: ブックマン社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本





posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 13:23| Comment(0) | 自信のわいてくるいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

仕事は最後の詰めが重要である

  Powered by JANet
momobgyoko.JPG


仕事は最後の詰めが重要である
元気の出るいい話100選

仕事は最後までうまくやるのは困難だ

先日、あと少しのところでライバル会社に重要な仕事がとられてしまいました。プレゼンはうまくいったのですが、最終的には金額がわずかにライバル会社の方が安かったということでした。
上司に報告したところ「詰めが甘い」と注意されました。
今回のことでつくづく「詰め」の重要さと、また常に緊張感を持ち続ける難しさを思い知らせれました。
「初めあらざることなく、克(よ)く終わりあること少なし」
ところで、にわかじこみですが、このことについてお話します。
中国の『詩経』の中に、「初めあらざることなく、克(よ)く終わりあること少なし」という言葉があります。
その意味は、初めは誰でも上手にやるが、最後までそれを持続する人は少ない、といったことです。
あの、三井家の三代目三井高房が子孫への戒めとして引いた言葉であって、なかなか含蓄のある言葉ですね。

仕事で一番大事なのは最後の詰めである

ところで、どうして初めはうまくいくのでしょうか?
それは、最初は誰でも緊張感を持って細心の注意を払いますが、だんだん慣れてくると緊張感がなくなるのです。
そして、思わぬミスを犯すのです。
したがって、本当のゴールに近くなるほど緊張感を高めなければいけません。しかし、現実はその逆になってしまいました。
そこで、これから緊張感を持続させるために次の言葉を肝に命じるつもりです。
それは、『戦国策』の中の言葉、「百里を行く者は九十を半ばとす」というものです。これは、百里の旅をするものは九十里を半分の工程だと思え、という教えです。
現実にはそう考えることは難しいかもしれませんが、しかし、それくらい自分に緊張感を与え持続させなければ、また同じミスを犯すよう気がするからです。


母性の経営

母性の経営

  • 作者: 久野康成
  • 出版社/メーカー: 出版文化社
  • 発売日: 2009/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 12:50| Comment(0) | 頂点をめざすいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ニーズは人間の数の倍数もある

ニーズは人間の数の倍数もある
元気が出るいい話100選

人間の顔のようにニーズもいろいろとたくさんある

「敵が飢えているなら、パンをやれ。敵が渇いているなら、水をやれ」

これは聖書にある言葉ですが、ビジネスでもこうありたいものです。
しかし、顧客のニーズにこたえることが
できたらよいのですが、現実にはなかなかそうはいきません。
実際は、顧客が飢えているのに水をやったり、渇いているのにパンをやったりしていることがあります。それどころか、
顧客がいま何に飢えているのか、渇いているのかすらわからないことがありますね。
しかし、しっかりとニーズを見極め、成功しているケースはたくさんあります。

「人間も多いが、その顔はもっと多い。一人がいくつもの顔を持っているために」

と言ったのは、ドイツの詩人リケルですが、
本当にそのとおりだと思います。
旅行好きな人で絵にも興味のある人もいれば、絵が好きなグルメな人もいます。したがって、絵が好きだといっても、
まったく同じニーズではないわけです。これが私たちを悩ますわけですが、逆に言えば、それだけビジネスチャンスも
多いことになります。
つまり、旅行好きな人にもグルメな人にも絵を売ることが出来るのです。一人の人が複数のニーズを持っているのですから、
実際のニーズの数は人間の数よりも数倍多いことになり、もっといろいろな物を供給出来るわけです。
フランクリンは

「老人も若者も同じようにオモチャを持つ」

と言いましたが、老人と若者の共通のニーズもあるわけで、ゴルフや
旅行などは老若男女問わずに人気があります。
最近は、ゲートボールをする小学生も出てきたそうで、やがてゲートボールも老若共通のニーズになるかもしれません。
このように、まったく違う範疇にいると思える人たちも共通のニーズはあるわけで、私たちより一層柔らかな発想が必要だと
思います。

ベンジャミン・フランクリン 富を築く100万ドルのアイデア

ベンジャミン・フランクリン 富を築く100万ドルのアイデア

  • 作者: リン・G. ロビンズ
  • 出版社/メーカー: 産能大学出版部
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 22:05| Comment(0) | マンネリから脱却するいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

難局をバネに発展しよう

お金の教養 お金の悩みは「仕組み」を作れば解決できる!  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

元気が出るいい話100選
難局をバネに発展しよう

取引先の倒産ということ事態は珍しいことではない

いま、金融不安と不況という危機が当社にも襲い掛かり、大変な逆境に中にいます。
相次ぐ取引先の倒産と言う事態は過去にも例の無いことですが、それが私たちの会社に起きているのですから大変苦しい状況です。
しかし、起きてしまった以上、もう嘆いてみても仕方ないのです。
そこですこし励みになる話を一つしたいと思います。

難局に動揺しないことが信用を生む

江戸時代の豪商に小林吟右衛門と言う人がいました。この人は呉服関係の商売から始めて両替商まで進出した近江商人で、屋号を丁子屋と称していました。
順調に発展していた丁子屋でしたが、あるとき、取引先の伊勢屋という両替商が突然倒産してしまったのです。
当時の世情は混乱しており、不払いが横行し、取立て不能に陥った両替商も少なくありませんでした。伊勢屋もその一つ。伊勢屋と取引していた商人たちは皆、顔色を失ってしまったのです。
ところが、吟右衛門だけは知らせを聞いても悠然としていたのです。番頭たちは一刻も早く取立人を送ろうとしました。
しかし、吟右衛門は番頭たちにこう言いました。

難局を乗り切るには全員で力を合わせることが不可欠だ

「いまさら取り立てに行っても無駄なことだ。それよりも丁子屋が損害を出したと聴いたら、取引先から取立てに来るものが殺到するはずだ。この者たちに動揺をみせてはならない。ただちに、支払いの準備をせよ」
こう言ったといいます。そして、丁子屋が苦労して支払いの金を用意すると、吟右衛門の読みどおり取引先から取立人が殺到しました。ところが丁子屋が何一つ動揺を見せずに金を支払ったため、取引先は皆安心して、再び丁子屋に金を預けました。
さらに、このことがとても評判を呼び、丁子屋の信用は深まり、以前にも増して取引高が増加したそうです。
このように、難局をバネに発展することが出来るわけです。丁子屋の場合は、吟右衛門もさることながら、店員全員の努力があったからこそ難局を乗り越えられたのだと思います。
私たちも丁子屋にならい、全員の力を結集してこの難局を乗り切ろうではありませんか。

ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム (講談社BIZ)

ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム (講談社BIZ)

  • 作者: 上條 典夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/04/08
  • メディア: 単行本




posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 10:43| Comment(0) | ピンチを乗り切るいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

人生は一生勉強、社会に出ても勉強せよ

エスプリライン【語学イベント】  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

元気が出るいい話100選
人生は一生勉強、社会に出ても勉強せよ

社会人になると急激に勉強から離れたがる

いわゆる中学、高校、大学と受験、受験と尻をたたかれ、時に、受験地獄といわれますが、その反動でしょうか、社会に出るとにわかに勉強をしなくなりがちです。

こういう私も、ここ何年も仕事以外のことでは勉強をしたことがありません。最近ではちょっとでも専門的な本を読むと、すぐにアレルギーが発生するのか、全然頭に入ってこないありさまです。

厳しい企業環境の中、勉強することはたくさんある

しかし、今日のように社会を取り巻く環境が日々猛烈に変化していくような時代では、勉強しなくてはいけないことがたくさんあるように思います。その意味で、人生は一生勉強なんだと最近はつくづく思うようになりました。

旭化成の会長だった宮崎輝(かがやき)さんは、部下の育成方法として、いつも昼食を取りながら部下と疑問点をぶつ合ったそうです。そして、その疑問を自分の部署に持ち帰り、研究して、答えることの出来る人は伸びると言いました。

「考えてみると、日常で疑問に思うことたくさんあるのですが、それっきりになってしまいがちです。それを一つ一つ研究していたら・・・と思うと、ずいぶんもったいないようなことをしてきたように思うのです。」

人生は一生勉強、一念発起して勉強に精を出そう

有名『三国志』の中に出てくる呂蒙(りょもう)という将軍は、武芸に秀でて将軍まで出世したのですが、少年時代は家が貧しく勉強など出来ませんでした。したがって、力は強いが無教養の将軍というのが呂蒙の評価でした。
しかし、ある日の朝、目覚めたときから一念発起して勉強をし始めました。
そして、ついに先輩の将軍と戦略論や戦術論を話し合い語り合うまでになり、先輩の将軍を驚かせたといいます。
このときに先輩の将軍がもらした言葉が、有名な

「呉下(ごか)の阿蒙(あもう)に非ず(あらず)」

です。
つまり「昔の呉にいた頃の豪君じゃない」というわけです。

文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本

文庫版 三国志完結セット 全13巻+読本

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: −


私もこの故事にならって、もう一度勉強してみようと思っています。そして、一年後か二年後には「呉下の阿蒙に非ず」と言われたいと考えているしだいです。

posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 13:50| Comment(0) | 自分を磨くいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

流行を生む企画力を養う

   Powered by JANet
momobgyoko.JPG

元気が出る話100選
流行りを生む企画力は養う
流行には必ず仕掛け人がいる

中世のドイツの伝説に「ハメリンの笛吹き」という話があります。ご存知の方も多いと思いますが、簡単にストーリーを紹介します。

ハメリンという地方の町にねずみが大量に発生して、町の住民は大変に困っていました。そんなある日、町に笛吹きがやって来て、「お礼をもらえるならねずみを一匹残らず消してみせる」と言いました。
町長が承諾すると、笛吹きは笛の音でねずみをおびき出し、一匹残らず川で溺れさせました。
ところが、村長は笛吹きとの約束を破り、お礼を払いませんでした。
すると笛吹きは、再び笛を吹き、町中の子供たちを誘い出し、山の中に連れ去ってしまったのです。
以上のような話ですが、この話から、町長の道義的責任よりも群衆の心理というものに興味が引かれます。
なぜなら、ねずみや子供たちを誘い出した笛の音というものはどんなものなのか、是非、聴いてみたいものです。
また、この話をビジネスに置き換えると、笛吹きは名プランナーであり、トレンド・メーカーでもあります。
ハヤリ(流行)には必ず仕掛け人がいると言われます。最近ではスウェーデン衣料ブランド「H&M」などはすごい人気ですが、おそらく現代の笛吹きと呼ばれるすばらしい名プランナーが群衆の心を掴み、思いのままに操ることの出来る“笛”を持っているのでしょう。

さて、私たちはどうでしょうか。企画や開発部門に従事する方は特に悩んでおられると思いますが、ハメリンの笛吹きのような笛を持っていますか。

流行の仕掛け人は「自分流のハリメンの笛を持つ」

笛の音は一様である必要はなく、いろいろあっていいと思います。
オスカー・ワイルド流の逆説「人生は芸術を模倣する」を音色にしたものもその一つです。
評判の映画シーンに使われたファッションやグッズを流行らせてしまうことや、小説に描かれていた観光名所を作ってしまうことも可能です。
私たちも自分流の「ハリメンの笛」をもって企画力を養って見たいものだと思います。


「企画力がある!」と言われる人になれる本―思いつきを形にして、みんなの納得を引きだす法

「企画力がある!」と言われる人になれる本―思いつきを形にして、みんなの納得を引きだす法

  • 作者: 忰田 進一
  • 出版社/メーカー: 大和出版
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本




posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 10:02| Comment(0) | マンネリから脱却するいい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。