口臭予防総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事メタボリック

2009年09月30日

いかにして人を集めるか

元気が出る話100選
いろいろな仕事で集客のための企画が要求される

仕事によって、集客つまりお客さんを集めることに腐心している人がたくさんいると思います。
集客を仕事としている企画部門の人にかぎらず、ちょっとしたミニイベントは誰でも経験することですが、集客の難しさは良く分かります。
いろいろな企業では、いろいろな集客の企画を試みていますが、時には失敗することも少なくありません。
いったいどうしたら人が集まるのでしょうか。

先人たちの「名プランナー」ぶりに集客のヒントを学びたい

さて、その昔、東京文理大学の大学祭のときの話ですが、ある数学の教室で見物人が押し寄せていっぱいになったことがあります。
さぞかし、すごい物が展示されているのかと思いきや、数学の部屋に展示されていたのは、なんと、一本の汚い手ぬぐいでした。
だだし、その隣にはこのような説明文のたて看板が立っていました。

「この手ぬぐいはアルキメデスが町の銭湯に行って、そこでアルキメデスの原理を思いつき、わかった、わかった、叫びながら家まで走っていったときに、その銭湯に忘れた手ぬぐいです」

古びた手ぬぐい一本でたくさんの人を集めてしまったのです。この企画者は相当の「名プランナー」だと思います。

似たような話をもう一つ。
アメリカの画家トロイと言う人は、あるときゴッポ展を見に行き、観客の多くが絵の鑑賞よりも、新聞等で読んだゴッポの数奇な一生に関心があることに気がつきました。

ゴッホ全油彩画 (タッシェン・ミディアートシリーズ)

ゴッホ全油彩画 (タッシェン・ミディアートシリーズ)

  • 作者: インゴ・F・ヴァルター ライナー・メッツガー
  • 出版社/メーカー: タッシェン
  • 発売日: 2002/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



そこで、トロイはいたずら心を発揮して、牛肉で耳を作り、それを箱に入れて、展覧会会場の片隅にこっそり置いたのです。そして、それには「ゴッポが切り落ちして情婦に送った耳」という札を吊るしました。
トロイの思惑通り、観客は絵には目もくれず「ゴッポの耳」の前に人だかりになったそうです。
少々悪ふざけが過ぎたのかもしれませんが、このトロイという画家も相当の「名プランナー」だと思います。




北欧、暮らしの道具店
続きを読む
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 08:09| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

失敗は仕事の質と量に関係する

元気が出るいい話100選

失敗しない人は、けっして富を築けない

言うまでもなく、仕事をすれば誰でも失敗することがあります。その失敗は、仕事の質と量に関係するので、仕事のできる人ほど失敗が多いということが言えるのかもしれません。
富を築く人物は精力的に仕事をこなすので、失敗が多くなるのは当然といえば当然かもしれません。

成功者はいろいろな仕事をするので失敗も多くなる

浅野セメントで有名な浅野財閥の祖、浅野総一郎もその一人で、いつも失敗を重ねていました。

医者の家に生まれた総一郎でしたが、医学の勉強はしたものの、どうしても自分の性格になじむことができませんでした。そして、総一郎が15歳のときから商売を始めたのです。その商売とは、織機(しょっき)業、醤油の製造、稲扱(いねこき)機の販売などでしたが、そのすべてが失敗してしまったのです。
その後、18歳のとき、総一郎はある豪農の家の養子となり、そこから調達したお金を元手に、今度は産物会社を立ち上げます。
しかし、結果はまた失敗、とうとう、20歳の時には豪農を追い出されてしまう始末でした。
それでも、事業意欲の旺盛な総一郎は、その後もいろいろな事業を手がけますが、ことごとく失敗を重ねるばかりでした。
この様にこの先“事業の鬼”と呼ばれることになる浅野総一郎でさえ、若い頃はいくつもの失敗を繰り返していました。

成功は失敗を繰り返した、その先にある

彼は、その後財閥と呼ばれるほどの富を築くわけですが、まさに、紹介したことわざの言うように、失敗は富を築く条件なのです。
したがって、私たちも成功するためには、いくつもの失敗をすることが不可欠なのです。
もちろん、何の備えもなく、努力もなく、失敗するべくしての失敗は論外ですが、新しい仕事や高度な仕事をする上での失敗は恐れるに足りません。
なぜなら、難しい仕事での失敗は、その原因を十分分析し、反省することで、次のステップに役立つからです。
実際にビジネスで成功するには、「失敗という階段を上り詰めたとこにある」からだと思うのです。


浅野総一郎
富山県氷見郡うまれた。
15歳から商売を始めたが、いくつも失敗したので、途中債権者からの追及を逃れるために大熊良三という名前を用いた。
1883年(明治16年)政府からセメント工場を払い下げてもらい、浅野セメントを設立。
当時、指南中の至難と言われたセメント事業を見事に成功させた。その後、各種の事業を行い、浅野財閥を築いた。




おしゃれな生活家電【プラスマイナスゼロ】
 


思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

  • 作者: 外山 滋比古
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1986/04/24
  • メディア: 文庫



アマゾン書籍ランキングシドニーでランジェリーショー、テーマはスペインの夏≫続きを読む
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 07:57| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

目標を立てる以上にすばらしいのはそれを持続させること

元気が出るいい話100選
自分で決めた目標をいつまで持続できるか

目標を立てる以上にすばらしいのはそれを持続させること

目標を持つことはすばらしいことだと思いますが、それ以上に大切なのは、その目標を持続させることです。
どんなすばらしい目標を立てても、すぐに放り出しては何の意味もありません。たゆまぬ努力で一歩一歩目標に向かってことほど大切なものはありません。
そのところを中国の『書経』に次のような言葉で指摘しています。

「功の崇(たか)きはこれに志、業の広きはこれ勤」

つまり、立派な仕事をするには目標が必要であり、大きな事業をなすには持続的な努力が必要である、という意味です。
このことを説明してみせた先人がいます。

ひとりは、トロイアの遺跡を発見したシュリーマンです。
子供の頃、読んだ「イーリアス」に心を奪われ、伝説とも言われたトロイアの遺跡を発掘しようと目標をたててから、四十歳過ぎまでずっとその夢を持ち続けました。

その間、悲惨な境遇にありながらも遺跡発掘の目標を捨てずに、独学で学問を身につけた努力は、遺跡を発掘した以上にすばらしいことです。

そして、もう一人、日本にもいました。
日本最初の実施測量による地図を作った伊能忠敬も、目標を持続した人物です。
歴史の教科書によると、忠敬は五十歳になってから天文地理学を学んだとされますが、実はこの趣味は彼が子供時代からのものでした。ただ、シュリーマン同様に、恵まれた境遇にになかったために、五十歳までは事業の成功に全力を注がなくてはなりませんでした。
そして、事業が軌道に乗り、五十歳になって隠居の身になってからその夢であった地図作りに着手したわけです。


四千万歩の男 忠敬の生き方 (講談社文庫)

四千万歩の男 忠敬の生き方 (講談社文庫)

  • 作者: 井上 ひさし
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫



シュリーマンにしろ、忠敬にしろ、子供の頃の目標、夢を中年になってから実現したわけですから本当に驚かされます。
わたしも、夢を持って仕事をしている以上、少々のアクシデントで挫折することなく、夢の持続させたいと思います。
NTTフレッツ光



posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 05:28| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

仕事への情熱が再起のカギになる

元気が出るいい話100選
仕事をしていれば必ずアクシデントに出遭う。

「ガラスの理論」で有名なベン・ホーガンは、ゴルフ界の頂点に立った矢先に自動車事故に遭いました。その事故で、彼は左足と肋骨を骨折し、もはやホーガンはこれまでか、と言われました。
しかし、ホーガンは、ベットに横たわりながらもスポンジボールを握り続け、握力が衰えることが防ぎ、けっして怠ることをしませんでした。
さらに、退院した後も懸命にリハビリを続けました。
こうして、ホーガンは奇跡的に復活を果たし「不屈の男」と言う代名詞をつけられるに至ったわけですが、ホーガン自身が入院中に思ったのは「ゴルフをやれないなら死んだほうがましだ」と思ったそうです。
ゴルフ好きの方なら、あんな面白いものができないのなら死んだほうがましだな、なんて思っているゴルファーも多いと思います。

しかし、誤解してはいけないのが、ホーガンの場合は、ゴルフが仕事だと言うことです。
したがって、私たちの中で、もし、ホーガンのようなアクシデントに遭ったとき、「仕事ができないなら、死んだほうがましだ」と言う人が何人いるでしょうか。

断っておきますが、なにも私は命がけで仕事をするべきだとか、仕事ひと筋の生き方を言っているのではありません。
私が言いたいのは、仕事の上でいろいろなアクシデント、ピンチに出あったときも、仕事への情熱があれば、必ずホーガンのように乗り切ることができるはずだと思うからです。
ですから、先ほどの言葉の中に「仕事」のところは、より具体的に「営業」とか「経理」とか「企画」であればベターだと思います。

「営業がやれないならば死んだほうがましだ」
「経理ができないなら死んだほうがましだ」
「企画がやれないなら死んだほうがましだ」
「●●がやれないなら死んだほうがましだ」

と言う具合に、いろいろな仕事している皆さんが、ホーガンのような情熱をもてば、おのずから成功することは間違いないと思います。

今、ゴルフ界に空前のゴルフブームを巻き起こしている石川遼選手のように若くしてプロの厳しい世界の飛び込み、今後、ゴルファー選手としていろいろなアクシデント、ピンチに出遭うと思いますが、彼ならきっとそれを乗り越え世界に通じる選手。そして、ペン・ホーガンのような世界の頂点に立って欲しいと期待しています。

宮里藍 22位タイ発進 首位はローソン≫続きを読む
posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 08:00| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。