口臭予防総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事メタボリック

2009年12月13日

現場からの発想がニーズを見出す

顧客のニーズを見つけ、どうやってそれを満たしていくのか_。
これは企業の永遠のテーマのようなもので、多くのビジネスマンがこのことで腐心しています。
私自身も、いろいろな本を読んだり、たくさんの人に話を聞いたりして、効果的な方法を求めていますが、なかなかうまく出会うことが出来ないでいます。
結局、こういうのは人まねではなく、自分が苦心した末に自らあみ出すものなのかもしれません。
したがって、ニーズの発見方法は人の数とあいまって、私が共感を覚えるのは、ダイエーの会長だった、故・中内功氏のやり方です。
中内会長は、現場からの発想を常々唱えており、

「いつも現場に行って、そして、現場から発想する。そうでなければ、大衆のニーズを満たすことなど出来ない」

と言っています。
メーカーであれば小売の現場に行って、消費者の言動をしっかり把握することから始めるわけです。
とかく、現代人はデータや理論を偏重して、現場に足を運ぶことが怠りがちです。しかも、それでは、いつになっても現実と理論とのギャップを埋めることなど出来ません。

学問の世界でも、基礎研究というのは人のやっていないことを研究するのであり、わからないことを探す難しさがあります。
ところが、ある先生は「町に落ちているガマグチを拾う」ように、この基礎研究をしているそうです。
つまり、ガマグチは机上で本を読んでいても絶対に拾うことなど出来ないのです。
拾うために町に出て歩くほかありません。
こうして絶えず町を歩くことで基礎研究の種をさがしているわけです。
これもまた現場からの発想だと思います。

わたしも、これに習い、何か新しいことを考え出そうとするときは、必ず足を使って歩こうと思っています。
そして、いつか必ず大きなガマグチを拾おうと思う




黒にんにく高麗人参

posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 17:50| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

フラワーギフトとは

フラワーギフトとは、その名のとおり贈答用のお花の事です。
フラワーギフトを贈る場合、贈る側はどんな気持ちで贈るのでしょうか?
受け取る相手の喜ぶ顔を想像しながら、贈るお花を選んでいると思います。
それと同時に、贈る側もお花を贈るという事に対して喜びを感じています。

フラワーギフトと聞くと、最初に花束を思い浮かべると思います。
花束というと、セロファンに包まれた両手いっぱいの花束というイメージが強いですが、最近では小ぶりの可愛らしいミニブーケなども店頭で見かけるようなりました。
お花屋さんに、花束をもらう相手の年齢やイメージ、どういうシチュエーションでプレゼントするのかなどをリクエストすると、それに合わせて作ってくれます。
また、フラワーアレンジメントも最近では多く見かけますね。
花束は家に着いたら花瓶に生け直さなければなりませんが、フラワーアレンジメントであればそのままの状態で飾っておけるというのが魅力です。

また、最近人気が出てきているフラワーギフトはプリザーブドフラワーです。
生花に薬品をつけて10年くらいもつようにしたもので、ドライフラワーのように色あせしないのが人気の秘密です。
せっかくの贈り物ですから、長い期間楽しんでもらいたいものですよね。

観葉植物を贈る方も最近では増えています。
生花は毎日お世話をしなければなりませんが、観葉植物ならお世話も楽だし、長い間楽しむ事ができます。
そしてなにより、部屋に観葉植物を置く事で癒しの空間ができあがります。

このように、フラワーギフトといってもたくさんの種類があります。
贈る側は、受け取る相手の好みや生活環境に合わせてお花をプレゼントしたいですね。
http://flower-gifts.seesaa.net/article/124621186.html
I'm PINCH

posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 21:54| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

厳しい環境の変化に適応できるか

動物の中には厳しい環境の中で生きているものがいる

いま、世の中は100年に一度ど言われるくらいの世界同時不況のさなか、わたしたちの生活は非常に厳しい状況におかれています。そんな中で、今日は、2つの異なる環境に生きる動物の話をしたいと思います。
登場“人物”はナマケモノウナギです。
皆さんご存知のようにナマケモノは中南米の熱帯雨林の中に住み、木の枝にぶら下がっている、非常に動作ののろい動物です。
動かないときはなんと20時間以上も動かないそうです。体にはコケが生え、虫まで湧いていると言いますから、相当な無精者ですね。
ところで、このナマケモノはどうして生きられるかわかりますか?
実は、ナマケモノが動かないのにはワケがあります。動かないから汗をかきません。だから水を飲みに行く必要がないのです。
植物の水分と雨露があれば十分なのです。
ナマケモノは中南米の高温多湿の厳しい環境のなかで生きるために非常に合理的な生活をしているのです。この、ナマケモノの生き方は、わたしたちの取りまく環境がきびしいとき、たとえば、低成長を余儀なくされるときなどに適応した生き方を、私たちにを教えてくれているような気がします。

まったく逆の環境の中で生きていける物もいる。

次は、ウナギです。ここでも、またひとつ質問しますが、ウナギはなぜ海と川の両方で生きていけるのでしょうか。
常識的に言えば、海に住む魚は淡水の中では生きられませんし、 淡水にすむ魚は海の中では生きられません。違いは浸透圧の違いにあります。つまり、海の魚は干からびるのを防ぐために、海水をどんどん飲まなければ生きていけないし、
川の魚は水ぶくれになるのを防ぐために水を飲まないようにしているわけです。
ですから、逆に、海の魚は川に、川の魚は海に入れてしまうと、海の魚は水ぶくれに、川の魚は干からびてしまうのです。
では、なぜウナギは両方で生きられるのでしょうか。
その秘密は、ウナギの粘液にあるのです。皆さんもウナギのあのヌルヌルはご存知だと思いますが、あの粘液はウナギの大切な“服”なのです。
あのヌルヌルは非常に防水性に優れている“服”なので、あのヌルヌルをふき取ってしまうとあっという間に体内に水が
入り水ぶくれになり死んでしまいます。
つまり、あのヌルヌルはウナギがまったく異なる環境に適応するための大切なツールなのです。
このウナギの生き方から、わたしたちが環境の変化にどのように適応していくかということを教えてくれるます。現在、世界的な
金融危機の影響で円高がすすみ、日本経済が失速しています。今後の行く末を予測するのも非常に難しいかもしれません。しかし、
生き抜くためには、このナマケモの合理性、ウナギの適応能力を手本としなければならないと思います。
さて、あなたは(貴方の会社は)この、ナマケモノの環境に適応した合理的な「生活力」と、ウナギのヌルヌルのような
「適応力」を持っているでしょうか。是非、検証してみていただければと思います。
「完熟にんにく卵黄おためしセット」購入はこちら

<100年前と同じにんにく卵黄>


posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 20:58| Comment(0) | 元気が出るいい話100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

いつの世も逆転の発想は望まれる

真新しい言葉ではないですが、「逆転の発想」というのはいつの時代も大事なように思います。
とくに、業績が低迷したり成績が悪かったりしたときは、何か新しい展開が望まれます。こういったときに逆転の発想が必要です。
そこで、今日は、逆転の発想をいくつが例をとって紹介します。
まず、皆さんもよく利用していると思いますが、ファーストフードです。ファーストフードといえば、早いが取り柄です。したがってあらかじめ調理されたものを温めたりすることで簡単にできます。当時のファーストフードはそのようなやり方でした。ところが、コレに反して、客の注文を聴いてから作るという、およそファーストフードの考えとは相容れないやり方で成功した人がいました。それは、ご存知「ウェンディーズ」の創業者ウェンディー・トーマスです。トーマスはよりおいしいハンバーガーを売るにはオーダーメイドが必要であり、そうすればファーストフードの店でもお客は必ず来てくれる、と考えました。
ファーストフードでありながら手間をかけるという、見事の逆転の発想です。
このやり方は、今のほとんどのファーストフード店では当たり前になりました。

逆転の発想は日本にも古くからありました

江戸時代、徳川家康の幕臣だった土井利勝は、密議の時に必ず、千畳敷の真ん中で、ふすまの障子もない所で行ったといいます。当時の密議といえば数奇屋で行われていましたから、利勝のやり方は異例中の異例でした。しかし、このやり方によってかえって秘密は漏れなかったそうです。
秘密会議とか重要な会議とかいうと、会議室に閉じこもりがちですが、そうやっても情報は盗聴されたりするものですが、利勝のやり方のように、周りが見渡せる広い場所の中央で会議を開かれては、なかなか近寄ることが出来ません。これまた、優れた逆転の発想です。
この土井勝利は、家康、秀忠、家光徳川三代にわたって長く使えた幕臣でした。

何か問題があるときは逆転の発想が必要だ

最後に、『菜根譚(さいこんたん)』の教えです。「人生、一分を減省せば、すなわち一分を超脱す」という言葉があります。
意味は、人生何事につけ減らすことを考えれば、俗世間から抜け出せる、というものです。
とかく、私たちは、増やすことばかりを考えがちですが、減らすことが結局得をすることにつながることです。これもまた、逆転の発想だと思います。

特に業績が低迷しているときは逆転の発想が必要である。

≪ビタミンC≫&≪植物力≫=リンネ美白スキンケア




まだ、ニキビに悩む?ビタミンC+植物力でできにくい肌へ


月刊CD池上彰2009年11月号 70分でわかる!日本は変わる世界はこうなるー鳩山政権発足!民主党への期待と不安ー(CD)

月刊CD池上彰2009年11月号 70分でわかる!日本は変わる世界はこうなるー鳩山政権発足!民主党への期待と不安ー(CD)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2009/10/01
  • メディア: 単行本



posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 19:18| Comment(0) | 朝礼集 元気が出る話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。