口臭予防総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事メタボリック

2009年12月05日

厳しい環境の変化に適応できるか

動物の中には厳しい環境の中で生きているものがいる

いま、世の中は100年に一度ど言われるくらいの世界同時不況のさなか、わたしたちの生活は非常に厳しい状況におかれています。そんな中で、今日は、2つの異なる環境に生きる動物の話をしたいと思います。
登場“人物”はナマケモノウナギです。
皆さんご存知のようにナマケモノは中南米の熱帯雨林の中に住み、木の枝にぶら下がっている、非常に動作ののろい動物です。
動かないときはなんと20時間以上も動かないそうです。体にはコケが生え、虫まで湧いていると言いますから、相当な無精者ですね。
ところで、このナマケモノはどうして生きられるかわかりますか?
実は、ナマケモノが動かないのにはワケがあります。動かないから汗をかきません。だから水を飲みに行く必要がないのです。
植物の水分と雨露があれば十分なのです。
ナマケモノは中南米の高温多湿の厳しい環境のなかで生きるために非常に合理的な生活をしているのです。この、ナマケモノの生き方は、わたしたちの取りまく環境がきびしいとき、たとえば、低成長を余儀なくされるときなどに適応した生き方を、私たちにを教えてくれているような気がします。

まったく逆の環境の中で生きていける物もいる。

次は、ウナギです。ここでも、またひとつ質問しますが、ウナギはなぜ海と川の両方で生きていけるのでしょうか。
常識的に言えば、海に住む魚は淡水の中では生きられませんし、 淡水にすむ魚は海の中では生きられません。違いは浸透圧の違いにあります。つまり、海の魚は干からびるのを防ぐために、海水をどんどん飲まなければ生きていけないし、
川の魚は水ぶくれになるのを防ぐために水を飲まないようにしているわけです。
ですから、逆に、海の魚は川に、川の魚は海に入れてしまうと、海の魚は水ぶくれに、川の魚は干からびてしまうのです。
では、なぜウナギは両方で生きられるのでしょうか。
その秘密は、ウナギの粘液にあるのです。皆さんもウナギのあのヌルヌルはご存知だと思いますが、あの粘液はウナギの大切な“服”なのです。
あのヌルヌルは非常に防水性に優れている“服”なので、あのヌルヌルをふき取ってしまうとあっという間に体内に水が
入り水ぶくれになり死んでしまいます。
つまり、あのヌルヌルはウナギがまったく異なる環境に適応するための大切なツールなのです。
このウナギの生き方から、わたしたちが環境の変化にどのように適応していくかということを教えてくれるます。現在、世界的な
金融危機の影響で円高がすすみ、日本経済が失速しています。今後の行く末を予測するのも非常に難しいかもしれません。しかし、
生き抜くためには、このナマケモの合理性、ウナギの適応能力を手本としなければならないと思います。
さて、あなたは(貴方の会社は)この、ナマケモノの環境に適応した合理的な「生活力」と、ウナギのヌルヌルのような
「適応力」を持っているでしょうか。是非、検証してみていただければと思います。
「完熟にんにく卵黄おためしセット」購入はこちら

<100年前と同じにんにく卵黄>


posted by 元気が出るいい話 記録の細道 at 20:58| Comment(0) | 元気が出るいい話100選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。